• ホーム
  • ブログ
  • ホワイトペーパー “multibook活用法” を近日公開

ホワイトペーパー “multibook活用法” を近日公開

記事更新日:2020/11/12

multibookは2015年末の会計機能リリース以来、業務エリアの拡大(ロジスティクス(在庫管理)、固定資産、従業員経費精算、IFRS16号リース資産管理、会計事務所対応)、国要件対応の拡大(タイ、ベトナムをはじめとした東南アジア、ヨーロッパ、アメリカ)、ログイン言語の拡大(11カ国語に対応)、外部連携の強化(会計伝票取込api、受注伝票取込api、汎用会計伝票取込、DIVA連携、BTrex連携)を行って参りました。

この豊富な機能をうまく活用することによって、海外拠点に関して発生しているお困り事に、multibookが必ずお役に立つことができると考えています。

今回、各業務・業種でのmultibookの使い方をまとめましたので、ぜひ、ダウンロードして、ご一読頂ければと思います。

この記事を書いた人

川畑優太

株式会社マルチブック プロダクト事業本部
主任
川畑 優太

2019年、multibookの市場性に魅力を感じ、国内向けソフトウェア会社を経て株式会社マルチブックに入社。
国内では本社の課題解決に向けて提案しながら、海外においてもアジア圏を中心に月1~2回のペースで出張し、
海外子会社向け提案や海外パートナー創出にも従事。(※コロナ以前)
これまでに15か国以上の日系企業海外拠点へのmultibook案件受注を実現し、
「本社・海外子会社の両社に寄り添った提案」をモットーに、お客様の課題解決をサポート。

海外拠点管理にお困りの方は、
お気軽にご相談ください