マネジメントコックピット

全世界すべての事業・拠点の
“今”が手に取るようにわかる世界を実現

Management Cockpitは業績管理強化、内部統制強化、
経営意思決定に有用な国内・海外全ての拠点の情報を
リアルタイムに提供します。

マルチブックが提供する
All in Oneの
マネジメントコックピット

業績のビジュアル化、分析(対前年・予算・取引先別ブレイクダウン・経営指標)から、
資金、連結関係会社間残高照合、不正検知、為替リスクエクスポージャーまで、
経営管理に必要な情報全てを網羅。

経営管理に必要な情報をAll in One
  • 1

    業績 Performance

    国内・海外グローバル全拠点の損益計算書12ヶ月推移、月次締め状況をリアルタイム表示。売上・利益の推移をグラフでビジュアル化。

  • 2

    分析 Analysis

    実績のリアルタイム把握だけでなく、前年対比、予算対比、取引先別、ブレイクダウン、収益性・効率性指標で分析をナビゲート。

  • 3

    資金 Funding

    グローバル全拠点の資金残高をリアルタイム表示。資金残高の推移をグラフでビジュアル化。

  • 4

    残高照合 Balance confirmation

    関係会社間債権債務残高の整合状況をリアルタイムに把握。関係会社間債権債務の整合を月中に確保し、連結決算早期化を実現。

  • 5

    不正検知 Fraud detection

    アラート機能(一定金額以上の支払、同一取引先への複数回支払、現在庫評価額を上回る購買発注)、完全日本語見える化、強固な内部統制機能でトラブルを未然に防止。

  • 6

    為替 Exchange rate

    グローバル全拠点の外資ポジションをリアルタイム表示。為替により利益を減少させない。

マネジメントコックピット
実現する
ダッシュボード経営

マネジメントコックピットは、見える(情報収集)、わかる(集計分析)を自動化します。
本社経営管理は、さらなる分析、活かす(改善・前進)業務に注力することが可能になります。

マネジメントコックピットで自動化

本社経営管理層は分析・改善に注力

  • 見える

    情報収集/Find

    業績、資金状況の推移、関係会社間残高、外貨建残高、伝票処理遅延の見える化

  • わかる

    集計分析/Analyze

    対予算比、対前年比、取引先別ブレイクダウン、収益性・効率性分析で分析をナビゲート。
    さらに注目すべき事象のアラート表示、不正が疑われる取引検知も

  • 活かす

    改善・前進/Improve

    マネジメントコックピットで収集・分析した情報をもとに、本社経営管理は、改善・ビジネスのさらなる前進に集中できる

マネジメントコックピット
利用イメージと
実際の画面例

分析Analysis

実績のリアルタイム把握だけでなく、前年対比、予算対比、
取引先別ブレイクダウン、収益性・効率性指標で分析をナビゲート

As-Is

実績資料作成に工数をとられ、
分析ができていない…

電話、メールで何度も確認…。実績集計で手一杯…。

To-Be

分析に必要な情報もリアルタイムに把握、
分析により多くの時間をかけられる

記載と同時に分析の情報も揃っている!分析業務に注力
前年対比、予算対比をグラフでビジュアル化。前年、予算を下回っている月は赤字でメッセージ。取引先別にブレイクダウン

残高照合Balance confirmation

関係会社間債権債務残高の整合状況をリアルタイムに把握
関係会社間債権債務残高の整合を月中に確保し、連結決算早期化を実現

As-Is

関係会社取引残高の不一致が発生し、
連結決算早期化を阻害している

“連結決算開始後に”差異発覚。拠点決算やり直し。毎回、同じことの繰り返し…。

To-Be

連結決算開始前に差異を解消し、
連結決算早期化を実現

“連結決算開始前に”差異を解消。後戻りなし・日程短縮。月中にリアルタイムに整合!
A社がB社に対して認識している債権債務残高を表示。反対にB社がA社に対して認識している債権債務残高を表示。

グローバル全拠点の経営管理に
必要な情報をAll in One
詳細が気になる方は
まずは資料をご覧ください

multibookの
マネジメントコックピット

他類似製品との違い

マネジメントコックピットは、経営管理に必要な情報全てを網羅したAll in Oneのサービスであり、
さらに広く・深く、経営管理を支援すべく、日々進化しています。

All in One 経営管理サービス
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
サービスの特徴
業績・分析・資金・残高照合・
不正検知・為替リスクに特化
業績・予算に特化 不正検知に特化 為替リスクに特化
業績
対予算・対前年対比
経営指標(収益性・効率性)
資金状況
連結関係会社間残高照合
不正検知
月次締め状況
未処理伝票
為替リスクエクスポージャー
取引先別ドリルダウン分析
仕訳明細ドリルダウン分析
業績
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
対予算・対前年対比
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
経営指標(収益性・効率性)
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
資金状況
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
連結関係会社間残高照合
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
不正検知
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
月次締め状況
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
未処理伝票
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
為替リスクエクスポージャー
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
取引先別ドリルダウン分析
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C
仕訳明細ドリルダウン分析
multibook 他製品 A 他製品 B 他製品 C

マネジメントコックピット
デザイナーが語る
今後の進化

海外拠点のコントローラー、外資系企業のCFOとして活躍してきた
経営管理プロフェッショナルの渡部と、グローバルERPを熟知した設計チームをリードする長野が、
マネジメントコックピットを創り上げます。

長野 美紗子

  • 早稲田大学政治経済学部卒業。
  • 国内大手企業向けERPメーカーで生産管理システム開発に従事。
  • 2021年、multibookに参画し、プロダクト企画・設計を担当。
    マネジメントコックピットをはじめ、会計、固定資産、ロジスティクス全分野の企画・設計を担当する。

Management Cockpit は会計・ロジスティクスの膨大なデータから、見えない相関関係を分析し、管理担当者が分析に必要なデータに最小化し、問題の解決に向けたアクションに素早く繋げることをナビゲートさせます。

Step.1異常値の自動検出とアラート

Step.2原因分析をMCがナビゲート

Step.3洞察による“気づき”をナビゲート

渡部 学

  • 日系専門商社のアジアパシフィック全域の財務統括として複数拠点の管理に従事。
  • その後、欧・米・中を本社とする外資系企業のCFOを歴任し経営をリードする。
  • クロスボーダーM&Aに伴う組織統合、業績のターンアラウンドまで幅広い経験を有する。
  • 特に買収企業の基幹システム統合、クロスボーダーでの資本再編による財務戦略を得意とする。

海外拠点の管理は、実績予算に基づく業績管理から始まり、連結決算の早期化支援、為替リスクを減らすための取り組み、そして近年では不正な取引への対応や牽制といった内部統制・コンプライアンス対応まで非常に多岐に渡ります。
海外人材不足が叫ばれる中でこれらすべてに手作業で対応することは現実的ではありません。マルチブックのマネジメントコックピットはこれら海外の経営管理にDXをもたらし、海外事業の収益性・生産性の向上に貢献し続けます。

グローバル全拠点の経営管理に
必要な情報をAll in One
詳細が気になる方は
まずは資料をご覧ください