海外拠点のバックオフィス業務をまるっと代行

海外拠点の経理業務アウトソーシング

海外クラウド経理部

  • 海外の経理人材不足・高い離職率などの課題を解決
  • 外資系企業、大手企業、コンサルファーム出身
    バイリンガルのスペシャリストが対応

あなたの会社組織に
“海外クラウド経理部”

海外拠点の人事給与アウトソーシング

海外クラウド人事部

  • 全世界・全拠点の給与計算・支払を代行
  • 全世界・全拠点の人材を統一管理

Powered by

multibookは世界30カ国以上、500社以上
お客様にご利用いただいております。

BPaaS
(Business Process as a Service)

クラウドシステム+業務代行サービス
標準化されたプロセスで効率化・人材不足解消を実現

海外拠点管理
こんな課題はありませんか?

日本本社での課題
  • 拠点規模に合わないシステム投資

    中小規模拠点でも、本社と同じ大規模ERPを
    利用しているが、有効活用できておらず、拠点の規模に
    応じてシステム投資の見直しが必要。

  • スムーズに終わらない連結決算
    実績集計作業で手一杯、分析に注力できない

    関係会社間の債権債務残高不一致、連結勘定への組替、
    度重なる現地への問合せに時間が取られ、
    連結決算早期化を阻害。

  • 記帳代行費用の増大

    記帳代行にかかる費用が事業の成長・伝票数の増加と共に
    年々増大しているため経理業務の自社運用、コスト削減が
    必要だが、いきなり自社のみでの運用は不安。

  • IPOに向け海外拠点を含めたグループ全体の
    内部統制強化が必要だが、進んでいない

    IPOを視野に海外拠点も含めた内部統制強化が必要だが、
    どのように進めていくべきか悩んでいる。

海外現地法人での課題
  • 不正が発生していないか不安

    ローカルスタッフが現地の言語で業務・システムを
    運用しており、業務処理内容に不透明な部分が多い。
    更に、不正が発生しても検知する仕組みがないため、
    いつ不正が発生してもおかしくない状況。

  • 外貨建管理、経理管理、本社報告業務に
    ローカルソフトが活用できていない

    現地ローカルソフトを利用しているが、
    内部統制や本社への報告資料作成、Excel入出力、
    多言語多通貨対応など機能面で不満。

  • システム外での情報管理や二重入力
    それによって発生する帳簿間の不整合

    1つの取引に対して、ロジスティクスと会計それぞれに
    二重で仕訳情報を入力。
    また、システム外での情報管理も多く
    帳簿間の不整合や手作業による無駄な時間が多く発生。

  • 海外拠点のシステム担当者不足

    システム導入を検討しているが、海外拠点それぞれに
    システム担当者の配置はできないため、運用・保守を
    どうすべきか悩んでいる。

最速のグローバル
クラウドERP
で、
海外拠点の課題を解決し
ビジネスを加速

日本本社での課題の解決
  • 拠点規模に応じて
    システム投資を最適化

    売上規模の大きな拠点には日本本社と同じ大型ERPを、
    中小規模拠点にはmultibookを採用することで、拠点規模に
    応じた適切なシステム投資でグループ経営管理を実現!

  • 無駄な手作業は不要、分析業務に注力可能
    更に連結決算早期化も実現

    記帳が完了すると同時に、自動で拠点の経営状況レポートが
    出力できる状態になるため本社経営管理担当は分析業務へ
    集中できるように!更に連結決算プロセスの効率化・
    改善も行われ、決算早期化を実現!

  • できるところから、
    安心して経理業務内製化を実現

    クラウドサービスのmultibookを通して、会計事務所の
    レビューやアドバイザリーを受けながら
    自社で日々の記帳を実施することができるため、
    安心して経理業務内製化を実現!

  • 充実の内部統制支援機能で
    海外拠点のガバナンス強化を実現

    内部統制支援機能、権限管理、ログ管理を搭載した
    multibookを利用することで、
    IPOが要求する海外拠点の管理レベル引き上げを実現!

海外現地法人での課題の解決
  • 不正が発生しづらい環境を構築

    摘要翻訳機能を搭載したmultibookを通して
    ローカルスタッフが処理した取引を、日本語でしっかり把握。
    更に、アラート機能で不正が疑われる取引を一覧表示。
    マネージャーが全ての取引を監視している状況を作り、
    不正を発生させない風土を実現!

  • ローカルソフト利用に伴う課題を全て解決

    多言語多通貨且つ、各国の現地法要件に対応しながら
    内部統制強化、Excel入出力機能による本社報告業務の
    効率化を実現!

  • システムで基幹業務を一元管理
    それにより
    不整合や二重入力を排除

    モノの動きに合わせて会計仕訳が自動計上されるため、
    二重入力は不要且つ、帳簿残高は常に一致!
    ロジスティクス・会計共に情報管理レベル向上!

  • システム担当者は不要
    海外拠点間の人事異動も容易化

    クラウドサービスのため、
    各海外拠点にシステム担当者は不要!
    またmultibookでグループ全体の業務・システムを
    標準化することにより海外拠点間の人事異動を容易化!

まずはmultibookの利用で
実現できることをチェック!
サービス資料ダウンロードはこちら

multibook(マルチブック)の利用で
実現できること、
ERPとしての
機能範囲を詳しく知りたい方は
サービス資料をご覧ください。

世界30カ国以上、
500社以上で利用中

multibook(マルチブック)は、海外拠点管理に最適なクラウド型会計・ERPサービスです。
製造・商社・飲食・建設など業種問わず、
上場企業を中心に、非上場企業まで企業規模問わず利用されています。

  • 中国

  • 日本

  • 台湾

  • 韓国

  • インドネシア

  • マレーシア

  • カンボジア

  • ラオス

  • パナマ

  • ミャンマー

  • スリランカ

  • バングラディシュ

  • クウェート

  • アラブ首長国連邦

  • コートジボワール

  • アメリカ

  • カナダ

  • リベリア

  • ブラジル

  • メキシコ

  • イギリス

  • ドイツ

  • オランダ

  • イタリア

  • チェコ

  • オーストラリア

multibook(マルチブック)の特長

multibookの特長は、海外拠点管理に特化した最速のクラウドERPサービスであることです。

特長1

導入、処理レスポンス、
カスタマーサポート
全てにおいて「速さ」「早さ」を追求

マルチブックはこだわりの7つの「速さ」、「早さ」で海外経営に挑戦する企業様のビジネスに変革をもたらします。

マルチブックのつのお約束

  1. 迅速な意思決定支援
  2. 経理の高速化
  3. 顧客への迅速なレスポンス
  4. ERP/BPO導入期間の短縮
  5. 新機能開発と市場投入の加速
  6. 最新知識の迅速な取り入れと適応
  7. ストレスフリーな応答速度

特長2

多言語・多通貨、複数帳簿に対応
本社・現地もストレスフリーに運用

  • 12言語※での画面表示ができるため、ローカルスタッフも安心してオペレーションが可能。本社では日本語での閲覧ができるため、言語問題の煩わしさから解放。
  • 多通貨に対応しており、世界各国の通貨で仕訳計上、外貨建ての残高管理が可能。
  • 複数帳簿対応により、現地会計基準と日本(あるいはIFRS)の会計基準間調整や、決算整理前と決算整理後の財務諸表出力が可能。

※日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ミャンマー語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語(繁体字)(簡体字)、インドネシア語

特長3

海外複数拠点の情報を一元管理
ロジスティクス・会計等の全モジュールがリアルタイム連携

  • 海外に拠点のあるグループ企業全ての情報を一元管理。
  • ロジスティクス・固定資産モジュール等で計上された伝票はリアルタイムで会計に自動仕訳されるため、二重入力は不要、帳簿間は常に整合

特長4

企業グループの基準に適合した内部統制を海外拠点でも実現
海外拠点の経営状況を見える化・経営管理を強化
連結決算業務の効率化を実現

  • ユーザー毎に権限設定が可能(入力・照会可能な会社の限定、利用可能な機能の限定)、また各種伝票には承認機能を用意するなど、各種内部統制機能を装備。
  • 財務諸表から個々の仕訳伝票までドリルダウン。仕訳伝票には証憑添付が可能な上、摘要欄は自動翻訳(日本語などのログイン言語に翻訳)可能で、不正検知に有用。
  • グループ財務諸表機能で、各拠点を横並びに比較可能。PL/BSの各明細行(売上や費用)に補足説明、補足資料を添付可能なので、別途メールでのやりとりは一切不要。
  • マネジメントコックピットで、海外すべての事業・拠点の“今”が手に取るようにわかる世界を実現。
  • 連結決算システム(DIVA・BTrex・Money Forward)との連携機能で連結決算業務を効率化。

本社で課題認識されている海外拠点の内部統制強化、
不正対策、連結決算業務効率化・早期化を実現

特長5

現地拠点も安心の各国法要件に対応

  • 各国の会計・税務・商習慣要件に対応しているため、海外拠点の会計システム、基幹業務システムとして利用可能。

各国会計・税務・商習慣要件機能例

タイ要件対応例
要件 multibook機能
源泉徴収税申告支援PND53 FORM Withholding Tax PND Reports
源泉徴収税申告支援PND3 FORM Withholding Tax PND Reports
VAT申告FORM PP30
Invoice/Tax Invoice Invoice/Tax Invoice/OR
Billing Note
Credit/Debit Note
Official Receipt Print Receipt for Plural
Invoices
Stock Card Stock Card
日々、公表されるタイ中央銀行の
レートで伝票計上
BOTレート自動取得
フィリピン要件対応例
要件 multibook機能
CAS指定項目(Business Name、Business Style 、住所、VAT REG TIN 等)の表示 Invoice/ Official Receipt
CAS指定の帳簿類を出力 仕訳帳 (Journal List)
Sales/ Purchase Journal List
総勘定元帳 (General Ledger)
財務諸表出力 (Financial Statement)
在庫受払台帳(Stock Ledger)
源泉徴収税帳票の出力 BIR Form (2307)
源泉税 申告データの出力 BIR Interface File (1601EQ)
BIR Interface File (1604E)
源泉税 入力支援機能 債権債務消込入力(Clear AR and AP)
源泉税 仕訳一覧出力機能 仕訳帳照会(Inquire Journal List)
VAT申告データの出力 BIR Interface File (2550Q)
機能通貨の対応(会社通貨がPHP以外の場合にPHPでの財務諸 表出力) Financial Statement 3rd
小切手印刷機能 Check Printing (PH)
ベトナム要件対応例
要件 multibook機能
ベトナム用会計伝票Voucher Journal Voucher for
Vietnam
E-Invoice連携機能 Electronic Invoice (Outbound)
Electronic Invoice (Inbound)
VAT申告FORM VAT Report
アメリカ要件対応例
要件 multibook機能
小切手 Check for America
ヨーロッパ要件対応例
要件 multibook機能
SEPA Credit Transfer用
支払ファイル
Automatic Payment for
SCT
EC Sales List EC Sales List

※EU圏でのご利用にあたり、GDPR対応としてパリにサーバー設置

※その他の国要件対応に関して、ご確認されたい事項がございましたら、お問い合わせ下さい。

特長6

大量データ対応機能

  • バックグラウンド実行機能をはじめ、大量データでの業務運用をスムーズに行うための各種対応を実施。
  • 月間伝票数1万件以上の拠点でもストレス無くご利用いただけます。
対応施策 概要
バックグラウンド実行 パソコンと切り離して、バックグラウンドで処理をすることにより、処理時間制約(タイムアウト)によるエラーと、多重実行でのCPU・メモリの負荷増大によるエラーからの脱却を実現します。
大規模ERPで実現されている方法です。
バックグラウンド実行環境のCPU、メモリ増強 バックグラウンド実行環境は通常のアプリケーションサーバーに対して、CPU性能2倍、メモリ2倍のスペックを搭載しています。
帳票仕訳明細圧縮 仕訳帳出力、総勘定元帳出力の際に、伝票内で、貸借、キーとなる属性情報が同一の場合、複数明細行を集約して表示し、ページ数の削減を実現します。
入出庫伝票仕訳
明細圧縮
入出庫伝票を転記する際、貸借、キーとなる属性情報が同一の場合、集約して仕訳明細を作成し、仕訳明細の削減を実現します。

multibook(マルチブック)と他ERPとの違い

multibook 大型グローバルERP 海外ローカルソフト
多言語・多通貨対応 12ヵ国語に対応、世界各国全ての通貨に対応 世界各国の言語・通貨に対応 現地言語・英語のみの対応が多い
機能充実 会計、固定資産管理、在庫管理、経費精算、連結会計連携等充実 生産管理は未対応ですが、生産管理ソフトとmultibook会計を自動連携可能 基幹業務全てに対応 一般会計機能、税務対応機能がメイン
国要件対応 タイ、ベトナムをはじめ、アジア、ヨーロッパの各種国要件機能を装備&拡大中 インドTallyの見える化ソリューションも用意 グローバル各国の要件に対応しているが、細かい要件には対応していないケースも 当該1ヶ国の国要件には対応
IFRS要件対応 リース資産に関して、IFRS16号を適応した連結決算支援機能 multibookのように連結修正仕訳や連結注記情報まで出力できる機能はないケースが多い multibookのように連結修正仕訳や連結注記情報を出力できる機能はない
内部統制 権限設定、転記済み伝票の修正不可、パスワード有効期限管理等実装 権限設定、転記済み伝票の修正不可など全て対応 転記済み伝票の各種変更が可能
経営管理 グループ財務諸表やマネジメントコックピット機能で、海外拠点状況をリアルタイム把握 収益性分析機能やBIでの分析機能を保持 レポート機能は弱い、
また海外からの見える化は難しい
インフラ クラウドなので、インフラの準備、担当者は不要 インフラ担当者は必須 サーバー設置やソフトインストールが必要なケースが多い
導入 最短2週間で本稼働、全てリモート作業で実施します 弊社、パートナー企業が直接現地拠点と導入を進めることが可能です。
拠点規模が大きくなり大型グローバルERPへ移行する際のサポートも可能です
半年、1年など長期間のプロジェクト 機能範囲が限られているため、複雑ではない
スピード 処理レスポンスは勿論のこと、導入やカスタマーサポートも「速い」「早い」 導入期間が長い 処理レスポンスが遅い
コスト 月3万円〜 数億円の投資が必要なケースが多い 買い切りが多く、低価格
ご利用拠点の規模 multibookはバックグラウンド実行にも対応しているため、月間伝票数1万件以上の拠点でも利用可能。 導入、運用コストを負担可能な大規模拠点 月間伝票数:100件程度の拠点

multibookご利用までの流れ

大型ERPと異なり、multibookは最短1週間で導入可能。
導入も全てリモート作業で実施可能、また直接、現地拠点と導入を進めることが可能です。

最短1週間/標準1.5カ月

※導入作業の詳細説明や、ご確認されたい事項がございましたら、お問い合わせ下さい。

multibook(マルチブック)の
導入・サポート体制

全員バイリンガル、日本企業の海外進出支援歴20年以上、
SAPの豊富な導入経験を持つマルチブックが貴社の海外拠点管理を強力に支援。
multibookを安心して導入・稼働頂くために、万全のサポート体制を用意しております。
導入期間の長期化、稼働後のお問い合わせ回答の遅延に対する不満は感じさせません。

  • SAPの豊富な導入経験
    を持つ海外拠点展開の
    プロが支援

    • 会計、ERP、海外展開を熟知したプロが短期間、高品質な導入を実現します。
    • 導入は全てリモートで実施可能。
  • 稼働後サポートも充実

    • ライト、スタンダード、プレミアの稼働後サポートプランを用意し、安心の業務運用を実現します。
    • スタンダードプランには、チャットツール、Web会議でのサポートや、新任担当者向けの操作トレーニングも含まれています。
    • プレミアプランでは、スタンダードプランに加えて、稼働後の業務代行サービス(マスタの追加・変更作業など)を提供しています。
      さらに、バックオフィス業務の代行を行う海外拠点の経理業務アウトソーシング “海外クラウド経理部” サービスも提供しています。

万全のセキュリティ対策

  • データバックアップ

    万が一の場合に備え、日々お客様のデータをバックアップしています。

  • 不正アクセス対策

    ファイヤーウォールにより外部からの不正アクセス、不正侵入をブロックします。

  • 暗号化通信

    サーバーへの接続は、SSL(Secure Sockets Layer)を用いた暗号化通信により情報漏えいを未然に防止します。

  • レプリケーション

    障害発生時のデータ保護・早期復旧のため、データ更新の度にリアルタイムで別サーバーへデータを複製します。

  • データベース暗号化

    データは暗号化されてデータベースに保存されます。

  • 高い信頼性を誇るデータセンター

    データセンターとしてAmazon Web Serviceを採用。AWSは国内外での豊富な運用実績と、多くの第三者機関による認証・認定実績を持つデータセンターです。

よくあるご質問

  • multibookの強みは何でしょうか?

    ①多言語*、多通貨、国別要件に対応しています。
    *日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ミャンマー語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語(簡体字/繁体字)、インドネシア語
    ②会計だけでなく、固定資産/IFRS16号リース資産/ロジスティクス(受発注・在庫管理、請求書発行など)/経費精算と豊富な機能を装備しています。
    ③リーズナブルな価格設定となっています。
    ④稼働後の経理パートナーサービス(会計コンサルティング会社様にもmultibookユーザーIDを提供し、リモートで経理に関する各種ご相談対応やアドバイスを提供)などクラウドの特徴を活かしたオプションサービスをご提供しています。
    ⑤AWSを利用した真のクラウドサービス(オンプレのソフトをクラウドサーバーに載せた偽のクラウドサービスではありません)ですので、スピード感を持った拡張・進化が可能です。

  • どんな企業がmultibookを採用しているのでしょうか?

    日系企業の海外拠点で30カ国以上、約500社以上でご利用を頂いております。
    本社規模としては売上高数兆円の東証1部上場企業様から、これから海外展開を進めていかれる中小企業様までご利用頂いております。
    業種についても製造、商社、飲食、建設、ITサービス等と、幅広い業種のお客様にてご利用頂いております。

  • multibookがカバーしている業務領域はなんですか?

    会計/固定資産管理/IFRS16号リース資産管理/ロジスティクス/経費精算の各機能を装備しています。
    概観図をご要望の方は、資料請求ください。

  • multibookでカバー外の業務領域はどのように対応可能ですか?

    ①生産管理
    multibook会計へのAPI自動連携や汎用会計伝票取込機能を活用した連携が可能で、連携実績もございます。
    ②連結会計
    主要な連結会計ソフトとの連携機能を用意しています。
    ③見積
    multibook受注へのAPI自動連携や受注伝票Excel Upload機能を活用した連携が可能です。

  • 導入を海外拠点と直接進めてもらうことは可能でしょうか?

    弊社もしくはパートナー様のバイリンガルスタッフが貴社海外拠点と直接導入を進めることが可能です。
    全ての導入タスクがリモートで実施可能ですので、メールやWeb会議を利用して、導入を進めます。

  • 稼働後、海外拠点から直接質問することは可能でしょうか?

    はい、可能です。ライト、スタンダード、プレミアの各種稼働後サポートプランを用意し、安心の業務運用を実現します。
    スタンダードプランには、チャットツール、Web会議でのサポートや、新任担当者向けの操作トレーニングも含まれています。
    そのほか詳細については、お気軽にお問い合わせ下さい。

multibook(マルチブック)の利用で
実現できること、
ERPとしての
機能範囲を詳しく知りたい方は
サービス資料をご覧ください。