よくあるご質問

サービス・実績に関する、よくあるご質問

  • multibookの強みは何でしょうか?

    ①多言語*、多通貨、国別要件に対応しています。
    *日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ミャンマー語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語(簡体字/繁体字)
    ②会計だけでなく、固定資産/IFRS16号リース資産/ロジスティクス(受発注・在庫管理、請求書発行など)/経費精算と豊富な機能を装備しています。
    ③リーズナブルな価格設定となっています。
    ④稼働後の経理パートナーサービス(会計コンサルティング会社様にもmultibookユーザーIDを提供し、リモートで経理に関する各種ご相談対応やアドバイスを提供)などクラウドの特徴を活かしたオプションサービスをご提供しています。
    ⑤AWSを利用した真のクラウドサービス(オンプレのソフトをクラウドサーバーに載せた偽のクラウドサービスではありません)ですので、スピード感を持った拡張・進化が可能です。

  • どんな企業がmultibookを採用しているのでしょうか?

    日系企業の海外拠点で25か国、約200社以上でご利用を頂いております。
    本社規模としては売上高数兆円の東証1部上場企業様から、これから海外展開を進めていかれる中小企業様までご利用頂いております。
    業種についても製造、商社、飲食、建設、ITサービス等と、幅広い業種のお客様にてご利用頂いております。

  • multibookと他社製品との比較表はありますか。

    簡易的な比較表はホームページにも記載していますが、さらに詳細な情報をご提供できるケースもございますので、お問い合わせ下さい。

  • 海外現地法人の会計システムを変えずに、日本本社から数字をモニタリングするためにmultibookを使えますか。

    multibookは、見える化ツールとしてのご利用も想定していますので、現地でご利用の会計ソフトからmultibookにデータを連携して、multibook上で、本社基準(管理会計用、連結決算用など)での財務諸表出力(日本語)、内訳明細の確認(摘要も日本語に翻訳)も可能です。

  • 海外現地法人では現地会計事務所にて記帳代行していますが、自社で経理業務を実施することを検討しています。
    そのサポートもしてもらえるのでしょうか。

    現地会計事務所様や会計コンサルティング会社様と連携し、またmultibookがクラウドサービスであることを活用して、スムーズに自経化を実現可能です。事例としまして、まず、固定資産の取得処理などの記帳は自社で行い、決算に関する記帳は引き続き、会計事務所様に代行を依頼するといったケースがございます。

  • 海外進出を検討していますが、相談することは可能でしょうか。

    パートナーの会計事務所様をご紹介可能ですので、ぜひお問い合わせ下さい。

  • 海外現地法人がブラックボックス化しており、「見える化」を進めたいのですが、実現可能ですか。

    現地の記帳ソフトをmultibookに変更する、現地の記帳ソフトはそのままで見える化ツールとしてmultibookを導入するといった方法で、まず見える化を実現可能です。あわせて、業務の見直しを行ったほうが良い場合は、現地の会計事務所様、会計コンサルティング会社様と連携し、業務改善支援を行うことも可能です。

  • 海外の税制や商習慣について知りたいです。

    現地の会計事務所、会計コンサルティング会社と連携し、情報提供を行ってまいります。詳細はお問い合わせ下さい。

  • セミナー/ウェビナー、個別相談会は実施していますか。

    multibookのご紹介、事例のご紹介、パートナー様と協業してのお役立ち情報のご提供など毎月、セミナー、ウェビナーを実施しています。また個別相談会も実施可能ですので、お問い合わせ下さい。

  • multibookはどのような会社が開発しているのでしょうか。

    豊富な会計システム開発経験者、SAPをはじめとしたERPソフトのグローバル展開導入経験者、先進のIT企業で開発、マネジメントを行っていたエンジニアが開発・改善を進めています。

  • multibookは会計事務所での記帳代行ソフトとしても利用可能でしょうか。

    multibookでは「会計事務所モデル」という、会計業務での記帳代行専用のプランを準備しております。詳細はこちらをご確認下さい。

  • multibookはどんな使い方が出来ますか?

    ・海外現地拠点の会計記帳ソフトとして利用
    ・会計だけでなく、ロジスティクスや固定資産の管理も実施
    ・会計は既存利用ソフトを利用し、ロジスティクスや固定資産をmultibookで管理
    ・IFRS16号リース資産管理をグローバルで管理(本社主導)するソフトとして利用
    ・現地拠点の会計記帳ソフトはそのままに、見える化をmultibookで実現
    ・会計事務所様の記帳代行ソフトとして利用
    など、様々な使い方がございます。詳細はお問い合わせ下さい。

導入・料金に関する、よくあるご質問

  • multibookの利用には月々いくらかかりますか。

    月々3万円からご利用可能です。詳細は、お問い合わせ下さい。

  • multibookを使い始めるための初期費用はどのくらいかかりますか。

    マスター設定、操作トレーニング、残高移行が必要ですが、最短1、2週間で本稼働可能ですので、初期費用もかなりお安くなっています。詳細は、お問い合わせ下さい。

  • multibookは申込から何日で使えるようになりますか。

    最短1、2週間で本稼働可能です。一般的に、multibookに設定するマスターデータ情報(勘定科目、取引先など)のご準備時間に依存します。

  • multibookのデモは見られますか。

    セミナー、ウェビナーでデモを実施しておりますが、それ以外にも、デモ実施依頼、個別お問い合わせ頂けましたら、デモを実施させて頂きます。デモのリクエストはこちらからお申し込みください。

  • multibookのバージョンアップはどのような頻度で行われますか。

    原則月1回、新機能や既存機能の改善リリースを行っています。また新機能開発、改善にあたっては、ご利用ユーザー様、パートナー企業様のご意見を重視しています。

  • multibookの初期設定マニュアルはありますか。

    利用申込頂きますと、multibookマニュアルサイトにログイン可能となり、各種マニュアルをご参照頂けます。

  • 導入を海外拠点と直接進めてもらうことは可能でしょうか?

    弊社もしくはパートナー様のバイリンガルスタッフが貴社海外拠点と直接導入を進めることが可能です。
    全ての導入タスクがリモートで実施可能ですので、メールやWeb会議を利用して、導入を進めます。

サポートに関する、よくあるご質問

  • オンサイトトレーニングはありますか。

    実施地域により有償となる可能性がございますが、対応しています。詳細はお問い合わせ下さい。

  • multibookのサポート体制はどのようになっていますか。

    multibook操作に関するお問い合わせは、無償で、原則24時間365日、受け付けています。その他、操作に限らずマスターの追加設定代行や各種相談にお答えする有償サポートサービスなどもご用意しています。詳細はお問い合わせ下さい。

  • multibookの操作マニュアルはありますか。

    利用申込頂きますと、multibookマニュアルサイトにログイン可能となり、各種マニュアルをご参照頂けます。

  • 稼働後、海外拠点から直接質問することは可能でしょうか?

    multibook操作方法について、貴社海外拠点より、直接、弊社サポートにご質問頂くことが可能です(無償)。
    また、操作に限らずマスターの追加設定代行や各種相談にお答えする有償サポートサービスなどもご用意しています。詳細はお問い合わせ下さい。

製品・機能に関する、よくあるご質問

  • multibookの動作環境を教えてください。

    Webブラウザとインターネット環境があればご利用いただけます。ブラウザはGoogle Chromeに対応しています。接続にあたり、セキュリティ確保のため、固定IPやVPNによる接続制限を行っています。

  • multibookはどの言語に対応していますか。

    日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ミャンマー語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語(簡体字/繁体字)に対応しています。それ以外の言語が必要な場合、お問い合わせ下さい。追加可能か早急に検討させて頂きます。

  • multibookは連結決算に対応していますか。

    連結決算機能は保有していませんが、グループ各社の財務諸表を、本社管理用や連結決算用の勘定科目体系を利用して出力することが可能で、またDIVAやBTrexなどの連結決算ソフトへの連携機能も用意しています。

  • クラウドサービスは、セキュリティに問題はありませんか。

    multibookはAWSサーバーを利用してセキュアにサービスをご提供させていただいています。また接続にあたり、セキュリティ確保のため、固定IPやVPNによる接続制限を行っています。

  • multibookはBCP(事業継続計画)に対応していますか。

    AWSのサーバーを利用(シンガポール、パリ)していますが、当該サーバー地域で大災害が発生し利用不可となった場合を想定し、AWS東京サーバーにリアルタイムでデータコピーを行っています。

  • テレワーク/在宅勤務に対応していますか。

    multibookはクラウドサービスですので、ご利用はもちろんのこと、導入作業も全てリモートで実施可能です。テレワーク/在宅勤務に最適なサービスだと考えています。

  • multibookがカバーしてる業務領域はなんですか?

    会計/固定資産管理/IFRS16号リース資産管理/ロジスティクス/経費精算
    の各機能を装備しています。機能範囲はこちら

  • multibookでカバー外の業務領域はどのように対応可能ですか?

    ①生産管理
    multibook会計へのAPI自動連携や汎用会計伝票取込機能を活用した連携が可能で、連携実績もございます。
    ②連結会計
    主要な連結会計ソフトとの連携機能を用意しています。
    ③見積
    multibook受注へのAPI自動連携や受注伝票Excel Upload機能を活用した連携が可能です。

海外拠点管理にお困りの方は、
お気軽にご相談ください