multibook(マルチブック)海外会計・ERPクラウド

お電話でのお問い合わせ:03-6277-1939

機能詳細

1. 豊富な会計伝票入力方法

multibookでは、会計伝票を入力(計上)する方法を数多く用意しています。
業務毎に適切な方法で効率的に会計伝票計上を行って頂くことが可能です。

機能 概要 使用例
画面入力 ACGL110 会計伝票入力
ACGL115 会計伝票入力(貸借)
入力完了(仕訳入力→転記ボタン)時、即座に仕訳、残高、債権債務に反映されます。 会計担当が1人しかいない
ACSP120 仮伝票更新 入力→承認→転記といったプロセスを経て、仕訳を完成させることが可能です。転記するまでは、勘定科目や金額含めて、修正が可能です。 会計マネージャーの承認をもって仕訳転記する運用
ACAR110 債権債務消込入力 売掛金や買掛金が決済(入金・支払)された場合に利用します。該当する債権明細、債務明細を選択し、相手勘定の現預金明細のみ手入力し、仕訳を完成させます。 売掛金や買掛金の決済時
ACGL160 反対仕訳入力 転記後、誤りが判明した場合、当該機能で反対仕訳を行います。 仕訳の誤転記時
EXCEL
アップロード
ACGL120 会計伝票Excel Upload Excelの固定フォーマット(マニュアルサイトからダウンロード)に仕訳を入力し、アップロードすることで、複数仕訳一括で、仕訳計上可能です。 給与仕訳、配賦仕訳等、複数明細、定型仕訳
EXAC210 汎用会計伝票取込 会計伝票Excel Uploadと同様ですが、フォーマットをマスターで設定可能です。 外部システムからの仕訳取込
EXAC220 汎用仮伝票取込 汎用会計伝票取込と同様ですが、アップロード時点では、仮伝票として保存されますので、仮伝票更新機能で、最終確認の上、転記を行います。 外部システムからの仕訳取込
自動計上 ロジスティクス、固定資産、経費
精算モジュールからの自動計上
ロジスティクスの入出庫、請求、仕入先請求、評価増減、固定資産の取得、除却、売却といった伝票登録時に同時に会計仕訳も自動計上されます。2重入力の必要はありません。 マルチブック内自動仕訳
仮伝票登録API 生産管理等の他システムからマルチブックに仮伝票の仕訳を自動計上することが可能です。 外部システムからの仕訳取込
スキャナー取込 証憑をスキャナーで読み込むことによって、マルチブックに読み込んだ証票のPDF付きで仮伝票を作成することが可能です。 会計事務所での記帳代行

2. 豊富な照会・レポート機能

multibookでは、豊富な照会機能、レポート機能を用意しています。
また、一覧系の照会については、ボタン1つで、簡単にEXCELファイルにダウンロード可能です。

機能 概要
一般会計 ACGL140 会計伝票照会 個々の会計伝票を照会します。
ACGL150 会計伝票出力 入力した会計伝票をVoucherとして印刷します。
ACGL210 勘定残高照会 取引先別、部門別、セグメント別、通貨別の様々な切り口で、勘定科目残高、発生額を照会します。勘定明細照会にドリルダウンして、発生額の内訳を確認可能です。
ACGL250 勘定明細照会 総勘定元帳モードと仕訳帳モードが存在します。勘定残高の内訳の照会、条件に合致する仕訳の一覧検索に利用可能です。
ACGL410 仕訳帳 仕訳帳の印刷に利用します。
ACGL450 総勘定元帳 総勘定元帳の印刷に利用します。Excel Listの出力モードを選択しますと、Excelに適したフォーマットでダウンロードされます。
ACGL510 税明細一覧 VATに関連した明細をダウンロードします。
ACGL620 財務諸表出力 BS、PL、試算表を出力します。BS、PLは、複数のフォーマットをマスターで設定可能です。
PDFでの出力、EXCELでの出力が選択可能です。EXCELでの出力を選択した場合、選択月だけでなく、当該年度、選択月までの月別推移も表示されます。
ACGL280 財務諸表照会 BS、PLの月別推移を画面で照会可能です。またドリルダウン機能で、内訳の伝票まで遡ることが可能です。
ACGL640 キャッシュフロー計算書(直接法) 直接法でのキャッシュフロー計算書を出力します。フォーマットや計算式は別途マスターで定義します。
経営管理 ACGL810 グループ財務諸表 グループ各社のBS,PLを横並びで表示することが可能です。ドリルダウンして、個々の伝票まで遡ることが可能です。また、以下残高ステータスの機能で更新された、PL、BS項目の補足説明(今月、この売上額になった要因等)も照会可能です。
ACGL820 残高ステータス 海外現地拠点の会計担当が、PL、BS項目の補足説明(今月、この売上額になった要因等)を入力します。
ACGL830 残高ステータス、財務諸表承認 海外現地拠点のCFO、会計マネージャーが、当月のPL、BSの確定(承認)を行います。
ACCO110 配賦ルールマスタ設定 部門、D予備1(プロジェクト等)への配賦設定を行います。
ACCO120 配賦 部門、D予備1(プロジェクト等)への配賦を実行します。
ACGL710 部門別PL出力 部門別のPLを出力します。
ACGL720 D予備1別PL出力 D予備1(プロジェクト等に割り当てて利用)別のPLを出力します。
ACBU110 予算更新 当該機能で、過去年度の実績をダウンロード→次年度の指針に従って修正→アップロードにより予算を更新することが可能です。予算バージョンが用意されていますので、複数予算を設定することが可能です。
債権管理
債務管理
資金繰
ACAR210 債権残高照会 取引先別勘定科目(売掛金等の債権科目)別の指定日時点での残高を照会します。
ACAR250 債権明細照会 指定日時点で未決済の債権明細(Invoice)を照会します。また当該機能で、期日を超えたOver dueの債権の確認も可能です。
ACAR260 債権年齢表照会 指定日時点の債権が過去どの期間で発生したものか、債権の年齢を照会します。
ACAR310 得意先元帳 得意先元帳を出力します。
ACAP210 債務残高照会 取引先別勘定科目(売掛金等の債権科目)別の指定日時点での残高を照会します。
ACAP250 債務明細照会 指定日時点で未決済の債務明細(Invoice)を照会します。
ACAP310 仕入先元帳 仕入先元帳を出力します。
ACGL260 資金繰予測 当日(または前日)を基準に、債権債務の入出金予定日等の情報を元に、銀行口座別に、この先の資金繰予測を照会します。債権債務には計上されていないが、入出金が予定されているものは、別途、追加情報の登録を行い、当該資金繰予測に反映させることが可能です。
固定資産 FACM310 固定資産台帳 資産番号毎の台帳を出力します。
FACM320 固定資産取引伝票一覧照会 条件に合致する固定資産取引(取得、除却、売却等)伝票を一覧、照会します。
FACM330 減価償却一覧照会 減価償却の伝票を一覧照会します。
FACM340 減価償却計画 1年、2年、3年先等将来の減価償却費を照会します。
ロジスティクス SLSO130 受注伝票照会 受注伝票を一覧、個々の伝票の照会を行います。また受注残の照会も行います。
SLPU130 購買発注伝票照会 購買発注伝票を一覧、個々の伝票の照会を行います。また発注残の照会も行います。
SLPU140 発注書 仕入先への発注書を出力します。
SLMM210 在庫受払台帳 在庫の受払台帳を出力します。
SLMM220 在庫数量残高照会 品目別サイト別保管場所別ロット別等の切り口で在庫数量、残高を照会します。
SLMM230 入出庫伝票一覧 入出庫伝票を一覧、個々の伝票の照会を行います。また受注残の照会も行います。
SLMM250 出庫伝票出力 出庫伝票をVoucherとして出力します。出荷指示書として利用されています。
SLSA120 請求伝票照会 請求伝票を一覧、個々の伝票の照会を行います。また受注残の照会も行います。
SLSA130 請求書 得意先への請求書を出力します。
SLVI120 仕入先請求伝票照会 仕入先請求伝票(買掛金計上伝票)を一覧、個々の伝票の照会を行います。

ロジスティクス機能

1. リアルタイムERP

multibookでは、ロジスティクス機能と会計機能がリアルタイムで連動しています。ロジスティクス取引(入庫、出庫、請求、仕入先請求)を入力すると同時に会計伝票が自動生成されます。ロジスティクス上と会計上の在庫金額は常に一致します。

【購買発注〜債務計上プロセス】
【受注〜債権計上プロセス】

2. 都度移動平均法、FIFO(先入先出法)に対応

multibookでは、在庫評価方法として、都度移動平均法、FIFO(先入先出法)を用意しています。

【組織】

  • 在庫を管理する単位として、サイト、保管場所、ロットが用意されています。
  • サイトは会社の下に作成され、在庫評価を計算する単位、また在庫勘定科目を設定する単位として利用されます。
  • 保管場所レベルでは、数量のみ管理します。

【在庫評価】

  • 在庫評価方法は、“都度移動平均”、“FIFO(先入先出法)”から選択可能です。
  • 都度移動平均の場合、品目、サイトレベルで、在庫評価計算を行います。
  • FIFOの場合、品目、サイト、ロットレベルで、在庫評価計算を行います。

【在庫数量、在庫評価額の保有】

  • 最新の在庫数量、在庫評価額だけでなく、過去月度での在庫数量、在庫評価額も保有していますので、過去時点での在庫数量残高照会や在庫受払台帳の出力が可能です。

国要件対応

各国の国要件に対応

multibookでは、各国の必須国要件に対応しています(日々追加・改善を行っています)。

例:タイ 源泉徴収税レポート
機能 概要
国固有 ACTH110 Withholding Tax PND Reports タイの源泉徴収税申告レポートを出力します。
ACTH130 PP30 タイのVAT申告レポートを出力します。
ACTH140 Invoice/Tax Invoice/OR タイのTax Invoice、Official Receiptを出力します。
ACTH150 Print Receipt for Plural Invoices タイの複数Invoiceまとめ入金に対するOfficial Receiptを出力します。
ACTH160 Billing Note タイのBilling Noteを出力します。
SLTH110 Stock Card タイで必須のStock Card(在庫受払台帳)を出力します。
SLSA140 クレジット/デビットノート タイのクレジットノート、デビットノートを出力します。
ACTH170 Bank Interface タイの振込データ作成を行います。
BOTレート自動取得 タイ中央銀行発行の為替レートを自動取得します。
ACPH110 Invoice フィリピンをはじめとした海外一般的なInvoiceを出力します。
ACPH120 Official Receipt フィリピンをはじめとした海外一般的なOfficial Receiptを出力します。
ACVN110 Journal Voucher for Vietnam ベトナム用の会計伝票Voucherを出力します。
ACEU120 EC Sales List ヨーロッパ、税申告用のレポートを出力します。
ACEU110 Automatic Payment for SCT Format ヨーロッパでの振込データ作成を行います。
ACJP110 日本FBデータ作成 日本でのFB振込データ作成を行います。

リース資産 IFRS16号

IFRS第16号について

IFRS第16号では、短期リース及び少額資産のリース(従来のオペレーティング・リースに準じた会計処理(使用権資産及びリース負債の計上を行わず、リース期間にわたって、定額のリース費用を計上)を除く全てのリース取引について、借り手は使用権を資産として認識するとともにリース負債を計上することになりました。