従業員立替経費精算機能がTax Invoice適用国でも利用可能に

タイ

記事更新日:2020/08/20

現状、従業員立替経費精算機能は、Tax Invoice国では利用が難しく、外資の日本企業(日本語がわからない外国人が多数いる)での利用が想定されていましたが、今回、Tax Invoiceを適用している国(タイをはじめ、ほとんどの国で適用している)で利用可能とすべく、以下の改善を行いました。

  • 明細入力項目にTax Invoice No.を追加します。
  • 明細入力項目に取引先追加、また取引先にコードではなく、取引先名称、Tax ID、ブランチコード(タイ専用項目)を指定可能とします。
  • 金額と税額、それぞれ入力可能とします。

あわせて、請求書払いを従業員立替経費精算機能で取り扱えるよう、従業員立替経費精算入力(仕入先)機能を追加しました。この機能では、輸入関税等乙仲との複雑な取引も取り扱い可能です。また、各部門で発生する請求書払いの伝票入力を各部門で実施可能になりますので、経理の負荷削減も可能です。

これらの機能改善は8月26日にリリースされます。

この記事を書いた人

川畑優太

株式会社マルチブック プロダクト事業本部
主任
川畑 優太

2019年、multibookの市場性に魅力を感じ、国内向けソフトウェア会社を経て株式会社マルチブックに入社。
国内では本社の課題解決に向けて提案しながら、海外においてもアジア圏を中心に月1~2回のペースで出張し、
海外子会社向け提案や海外パートナー創出にも従事。(※コロナ以前)
これまでに15か国以上の日系企業海外拠点へのmultibook案件受注を実現し、
「本社・海外子会社の両社に寄り添った提案」をモットーに、お客様の課題解決をサポート。

海外拠点管理にお困りの方は、
お気軽にご相談ください