multibook(マルチブック)海外会計・ERPクラウド

お電話でのお問い合わせ:03-6277-1939

建設関係東証一部上場企業様、multibook IFRS16号リース資産管理ソリューションの採用決定!

IFRS第16号について

IFRS第16号では、短期リース及び少額資産のリース(従来のオペレーティング・リースに準じた会計処理(使用権資産及びリース負債の計上を行わず、リース期間にわたって、定額のリース費用を計上))を除く全てのリース取引について、借り手は使用権を資産として認識するとともにリース負債を計上する必要があります。

IASB(国際会計基準審議会)は、2016年1月にリース会計の新基準であるIFRS16号「リース」を公表し、IFRS第16号は、2019年1月以降に開始する事業年度から、3月決算の会社では2020年3月期から適用開始となっています。

全てのリース契約をオンバランス処理(資産計上)するのではなく、リース金額やリース期間に応じて、オフバランス処理(費用処理)での対応が必要になります。
オンバランス処理すべきリースに該当すると、契約時、使用権資産、リース負債の計上が必要になりますが、リース負債は、リース料総額の割引現在価値金額での計上、使用権資産は、さらにイニシャルコストを加算した額での計上が必要になります。
また、使用権資産については、減価償却、リース負債については、支払利息とリース負債の返済を毎月計上する必要があります。

従来のオペレーティングリースの管理に比べると、膨大な労力が必要となりますので、システムを利用した効率的な運用が求められます。

multibook IFRS16号対応ソリューション 5つのメリット

短期導入
低価格利用

メリット1

最短2週間で導入可能
3万円~(月額)で利用可能

複数帳簿

メリット2

単体基準、連結基準
それぞれの情報を管理

自動計算
自動判定機能

メリット3

短期・少額資産の自動判定
使用権資産当初計上額
毎月のリース負債返済額
支払利息の自動計算

単体仕訳
連結修正仕訳連携

メリット4

multibook会計機能への単体仕訳連携機能
連結決算システムへの連結修正仕訳連携機能

海外で使える

メリット5

11ヵ国語に対応

メリット1 短期導入・低価格利用

1. 低価格利用

2. 短期導入

  • 最短2週間でご利用が可能です。(導入支援は別途お見積)
導入スケジュール 1週目 2週目 本稼働
ご契約、環境構築・マスター設定、操作トレーニング・本番移送、ご利用開始

メリット2 複数帳簿

  • 単体では、賃借処理、利子込み法で処理、連結では、売買処理(原則法)での金額、割引率といった情報を管理可能です。

メリット3 自動計算・自動判定機能

  • 会社毎に、最低基準金額、短期リース最大月数を保有し、短期・少額資産の自動判定が可能です。
  • 使用権資産当初計上額、毎月のリース負債返済額、支払利息の自動計算が可能です。
毎月のリース負債返済額、支払利息情報

メリット4 単体仕訳・連結修正仕訳連携

  • multibook会計機能への単体仕訳連携機能、連結決算システムへの連結修正仕訳情報、連結注記情報出力機能が用意されています。

メリット5 海外で使える

  • 11ヵ国語(日本語、英語、タイ語、ベトナム語、韓国語、ミャンマー語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語(繁体字、簡体字)に対応しています。