IFRS16号リース資産管理機能 ローカル、連結それぞれの基準での情報を保持可能に

機能改善

記事更新日:2020/08/26

IFRS16号では、短期リース及び少額資産のリース(従来のオペレーティング・リースに準じた会計処理(使用権資産及びリース負債の計上を行わず、リース期間にわたって、定額のリース費用を計上)を除く全てのリース取引について、借り手は使用権を資産として認識するとともにリース負債を計上することになりました。

multibookでは、当該IFRS16号に対応するリース資産管理機能を昨年リリースしていましたが、今回、リース資産毎にローカル基準、連結基準、それぞれの情報を保持可能とし、当該情報に基づいて、連結修正仕訳(ローカルはIFRS16号を非適用のケース)、連結注記情報の出力も可能とする機能強化を行いました。

multibookでは、IFRS16号リース資産管理だけご利用頂くことも可能です。 また海外拠点ではなく、日本国内でもご利用可能です。

これらの機能改善は8月26日にリリースされます。

この記事を書いた人

川畑優太

株式会社マルチブック プロダクト事業本部
主任
川畑 優太

2019年、multibookの市場性に魅力を感じ、国内向けソフトウェア会社を経て株式会社マルチブックに入社。
国内では本社の課題解決に向けて提案しながら、海外においてもアジア圏を中心に月1~2回のペースで出張し、
海外子会社向け提案や海外パートナー創出にも従事。(※コロナ以前)
これまでに15か国以上の日系企業海外拠点へのmultibook案件受注を実現し、
「本社・海外子会社の両社に寄り添った提案」をモットーに、お客様の課題解決をサポート。

海外拠点管理にお困りの方は、
お気軽にご相談ください