海外拠点向け会計・ERPソフト:multibook(マルチブック)

multibookとは

グローバルシステム展開コンサルティングのエキスパートが開発した
“海外拠点向け会計・ERPソフト:multibook(マルチブック)”

1. 低価格

利用料は、3ユーザー 月々3万円 (ユーザ数、伝票数による課金)

2. SaaS型サービス

WIFI、OpenVPN、WEBブラウザ(Google Chrome)だけで、世界中から接続可能

3. マルチ言語、マルチ通貨、複数帳簿による情報の一元化

日本人は日本語で、タイ人はタイ語で、フィリピン人は英語で、ベトナム人はベトナム語で操作、10カ国語に対応
世界各国の通貨で仕訳計上可能、また現地と日本の会計基準間調整も対応

4. 会計だけでなく、ロジスティクス(在庫管理、販売管理、購買管理)、固定資産、従業員経費精算機能をリリース済

100社以上が導入済(上場企業50%)

5. 対応国を順次拡大中

現在の対応国:タイ、フィリピン、シンガポール、香港、日本、ベトナム、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、マレーシア、アメリカ、ヨーロッパ

6. 本社にうれしい内部統制、経営管理機能

グループ財務諸表機能で、各拠点横並び比較、またPLの各明細行(売上や費用)に補足説明、補足資料を添付可能、伝票承認、財務諸表レベルでの承認機能有り、伝票摘要も日本語に翻訳可能、全ての情報を日本語で確認 =>不正を事前に防止

7. 現地拠点も満足できる各国会計・税務要件対応

タイのPP30、PND53等、必須の会計・税務要件に対応

8. 会計事務所様の記帳代行会計ソフトとしてもmultibook

証憑をスキャナーで読み込むことによって、証憑のPDFファイル付きで仮伝票を自動作成=>証憑の郵送不要、記帳の負荷平準化、クライアント企業様(現地拠点、本社)も、直接multibookにログインして、財務諸表、仕訳明細を確認 クライアント企業様毎の記帳状況も見える化